感染症研究コンソーシアム

高度安全実験(BSL-4)施設を中核とした感染症研究コンソーシアム


北海道大学、東北大学、東京大学、東京医科歯科大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、長崎大学及び慶應義塾大学は、相互に連携・協力し、高度安全実験(BSL-4)施設を中核とした感染症研究拠点の形成に合意し、感染症研究コンソーシアムを結成するために、平成26年1月に協定書を取り交わしています。

この感染症研究コンソーシアムは、一種病原体研究のトップレベルの拠点形成及び感染症分野での世界をリードする人材の育成により、感染症に対する世界の安全・安心の向上に資することを目的としています。