エーザイ(株)と新型コロナウイルス感染症に対する治療薬の共同開発を開始

 感染症共同研究拠点の安田二朗教授とエーザイ株式会社が共同研究として進める新型コロナウイルス感染症に対する治療薬開発が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する、令和2年度 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発」に採択され、国立研究開発法人国立国際医療研究センター、公立大学法人横浜市立大学とともに共同研究を開始しました。

 本共同研究ではSARS-CoV-2感染非臨床動物モデルの構築と、既に治験実績のあるエーザイ創製のTLR(Toll-Like Receptor)4拮抗剤エリトランおよびエーザイの研究子会社である株式会社カン研究所創製の抗FKN (フラクタルカイン)抗体E6011の薬効評価を行います。また、SARS-CoV-2感染患者由来の臨床サンプルを用いたバイオマーカー探索を推進します。本共同研究を通じてSARS-CoV-2感染に基づくCOVID-19重症化のメカニズムの解明と、重症化を未然に防ぐ薬剤の創出を目指します。

※詳しくはこちらから

「エーザイ㈱プレスリリース

TLR4拮抗剤エリトランおよび抗FKN 抗体E6011を用いたCOVID-19治療薬の開発を目指す産学官共同研究開発契約を締結し、非臨床研究活動を開始
 ―AMED「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発」に係る公募に採択―