感染症共同研究拠点の好井健太朗教授と北海道大学の研究グループが、北海道内の神経疾患患者を対象としたダニ媒介性脳炎ウイルスの感染状況調査の成果を発表

 長崎大学感染症共同研究拠点の好井健太朗教授と北海道大学の研究グループは、北海道内の神経疾患
患者2,000 名と健常者250 名を対象にダニ媒介性脳炎ウイルスの感染状況調査を行いました。

 ダニ媒介性脳炎は、ユーラシア大陸広域で年間約10,000 人の患者が発生しているマダニ媒介性の
感染症で,重篤な脳炎による神経疾患を引き起こし,致死率が高い脳炎です。日本では北海道で5 名
の患者が報告されていますが(内2名は死亡)、日本において原因となるダニ媒介性脳炎ウイルスの
感染状況に関する情報は乏しく、明らかになっていない感染者がいる可能性が疑われています。

 今回,このような明らかになっていない感染者を調べるために、2010 年~2018 年までに集められ
た神経疾患患者の血液の検査を行ったところ、髄膜炎や脳炎などの炎症性疾患の患者の内、3 名から
直近の感染を示す抗体が検出され、ダニ媒介性脳炎であった事が示されました。また、4 名の患者と
健常者の中からも1 名から過去にウイルスの感染があった事を示す抗体が検出されました。

 これらの結果から、過去にもダニ媒介性脳炎ウイルスに感染した人が存在しており、その中には脳
炎や髄膜炎を発症した人がいる事が明らかになりました。このような大規模のダニ媒介性脳炎の感染
状況調査は日本で初めてのものであり、今後は今回の調査成績を踏まえ,さらに研究を進める事によ
って,日本における本疾患の流行を制御する対策立案に貢献できるものと考えられます。

 なお、本研究成果は,2020 年10 月28 日(水)公開のMicroorganisms 誌に掲載されました。

 

 詳しくは、2020年11月27日プレスリリースをご覧ください。