nekken 長崎大学は、1857年の創基以来、感染症とたたかってきました。 海外の最新医学が伝えられた長崎には多くの優秀な医学者が日本中から集まり、コレラの制圧や種痘による天然痘の克服などに努めました。 島しょ部の多い長崎には、さまざまな風土病もありましたが、これらの感染症も先人たちの努力で姿を消していきました。
 そして現在では、長崎大学では、医学部、熱帯医学研究所、熱帯医学・グローバルヘルス研究科や大学病院に引き継がれ、地域から国内にとどまらず国際的に貢献をしつづけています。
 このコーナーでは、感染症とたたかう医師・研究者をご紹介いたします。

バックナンバー