欧米の事例をみると、BSL-4施設を使用することができるのは、BSL-2およびBSL-3の実験経験が十分にあり、かつそれぞれのBSL-4施設が定めている教育訓練を修了した者に対し、当該BSL-4施設管理責任者が使用許可を与えています。
 長崎大学でも、海外の事例を十分に研究し、使用者に対する資格の付与の方法を定めなければいけないと考えています。