長崎大学は、これまでの熱帯病や感染症研究の実績を生かして、感染症制圧を目指す国内外の優秀な研究者を長崎の地に集め、感染症研究の世界的拠点となることを目指すとともに、世界の感染症制圧のための人材を輩出したいと考えています。これにより世界の安全確保に貢献するとともに、我が国や長崎の安全確保を図ります。また、BSL-4病原体に対処できる組織を整備することで、急速に高まっている感染症のリスクから地域社会を守る能力を向上させたいと考えています。