①日本学術会議の「マスタープラン2014」への選定
 長崎大学は、日本の感染症研究を代表する9大学等と連携して、「高度安全実験(BSL-4)施設を中核とした感染症研究拠点の形成」につき構想を練り、応募しました。応募総数207件のうちほかにBSL-4に関する応募はなく、平成26年2月に27件の「マスタープラン2014」の一つに選定されました。

②文部科学省の「ロードマップ2014」への選定
 27件の「マスタープラン2014」の中から、平成26年8月に優先度の高い大型研究計画として「ロードマップ2014」10件に文部科学省によって選定されました。

関連記事