WHO(世界保健機関)の基準に従って各国がBSL-4施設で取り扱う病原体を決めています。基本的には、ワクチンや治療薬がなく、感染した場合に致死率の高い感染症の病原体で、エボラウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルスなどが含まれます。