国内での関連法規に従うことはもちろん、さらに国の指導、県・市、また住民の皆様との十分な連携の下、所要のマニュアルを作成し、それに従って運用します。また、施設の運用にあたっては、透明性を確保するために、学外の方にもご参加いただける仕組みをつくりたいと考えています。