BSL-4施設では、実験室区域からの廃水は全て、まず消毒薬で処理し、その後、20分以上121℃に加熱して滅菌することとされています。この処理により、廃水にウイルスが含まれていたとしても完全に不活化(死滅)させることができます。