BSL-4施設において研究対象として使用予定であるウイルスは、エボラウイルス、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスなど感染症法で特定一種病原体等(いわゆる「BSL-4ウイルス」)に分類される病原体です。
 なお、ウイルスの変異や新しいウイルスの発見による研究内容の変更を懸念する声も聞かれますが、長崎大学としては、そうした場合には、WHOや感染症法に基づく規制に従うのみならず、厳格な学内手続を経るとともに、地域住民に情報を公開し、理解を得ながら進めることとしています。