ウイルスは、その遺伝子がタンパク質の殻で包まれた、大きさ数十から数百nm(1ナノメーターは1ミリメーターの100万分の1)の微粒子で、特定の生物の生きた細胞の中でしか増えることができません。また、化学物質や放射性物質のように環境中に残留や蓄積することはなく、特にBSL-4で扱うウイルスは水道水、洗剤、熱、乾燥などにより簡単に壊れてしまいます。