避難訓練緊急事態対応の訓練を、定期的に行うことで退避者がパニック状態になることを回避します。また、BSL-4実験室内での実験は最低でも二人一組で行い、相互に協力して退避します。緊急時の対応は、感染研や各国BSL-4施設のマニュアルを参考にし、今後具体的に検討しますが、研究者自身及び周辺環境の安全が最大限確保される対応をとります。

関連記事