常時2名以上の入室、連続実験時間の制限など、ヒューマンエラーの予防措置に万全を期すとともに、万一、起こった場合にも、甚大な被害が発生しないように、十全な防止策を講じることが重要です。国としても、ヒューマンエラーなど人為的なミスによる事故を防止するために有効な情報を収集し、関係者との情報共有に努めます。