厚生労働省は感染症法に基づき、病原体を所持する施設に対し、基準等の遵守等病原体等の管理を適正に行うよう指導監督を行っています。また、必要に応じ、基準等に対する疑義があれば、技術的な助言を行っています。