日本学術会議では、「我が国のバイオセーフティレベル4(BSL-4)施設の必要性について」と題する提言を2014年3月20日に発表しました。
その提言において、『グローバル化と感染症』、『求められる対処』として、専門家の見解が記載されています。

関連記事