研究及び人材育成に関する迅速な成果のためには、研究環境の整った坂本キャンパスへの立地が必須であり、長崎で懸念される大雨等の自然災害や火災、テロへの対応等安全な施設運営の観点からも、同キャンパスへの立地しか考えられません。
さらには、第一種感染症病床を有する大学病院と近接していれば、地域の感染拡大防止にも貢献できます。