平成27年(2015年)に、あらゆる既存の学術境界を越えた新たな総合的アプローチにより世界の健康問題の解決をめざす「グローバルヘルス領域」で国際的に活躍できる人材を養成することを目的として、熱帯医学・グローバルヘルス研究科を設置しました。
 21世紀になり経済、産業や流通のグローバル化が進み、自然・社会環境に関する諸問題も地球規模で考えなければならない時代になりました。とりわけ、環境の変化に影響される感染症やメンタルヘルス、生活習慣病などの疾病対策には、時に国や地域の境界を越えた「グローバルヘルス」という新たな概念が必要となります。
 本研究科では、これまでの実績と本学のミッションを踏まえ,グローバルヘルス領域の人材育成が遅れ,かつ,統合化も遅れている日本の教育の状況にあって,グローバルヘルス領域を鳥瞰する人材を育成するため、博士前期課程として、グローバルヘルス専攻、博士後期課程として、グローバルヘルス専攻と長崎大学-ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院国際連携グローバルヘルス専攻を設置しています。
 ※詳細は熱帯医学・グローバルヘルス研究科HPをご覧ください。