安田 二朗 教授、櫻井 康晃 助教と理化学研究所・京都大学iPS細胞研究所・IDファーマの研究グループが、RNA ウイルスの感染を阻害する既存薬を同定。

 感染症共同研究拠点の安田 二朗教授、櫻井 康晃助教と、理化学研究所・京都大学・IDファーマの研究グループは、ヒト iPS 細胞と RNA ウイルスの一種であるセンダイウイルスを用いて感染症モデルを構築し、抗 RNA ウイルス活性を呈する既存薬のスクリーニングを行いました。選抜されたヒット 化合物について、Huh7 細胞におけるエボラウイルス、Vero E6 細胞における新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)に対する抗ウイルス効果を評価したところ、選択的エストロゲン受容体モジュレーターであるRaloxifeneや、PPARγアゴニストであるPioglitazoneの有効性が確認されました。

 SARS-CoV-2 はヒトからヒトへの高い感染力のためにパンデミックを引き起こし、公衆衛生上の 脅威となっています。RNA ウイルスには新興・再興感染症の原因となるものが多いため、RNA ウイル ス関連疾患の治療薬を見つけることは非常に重要です。一方、RNA ウイルスは、変異率が高く、異なる種類の RNA ウイルスは多様な形態と遺伝子構成を示し、ウイルス間での多様性を有しています。各ウイルスに対する特異的な治療法やワクチンが開発されていますが、複数の RNA ウイルス に共通して抗ウイルス作用を持つ薬剤があれば、新たに RNA ウイルス感染症が出現しても有益である可能性があると考えられます。今日、安田教授らの研究グループはヒト iPS 細胞とセンダイウイルスを用いた化合物スクリーニングを実施し、さらにエボラウイルス、SARS-CoV-2 に対する評価を行うことによって、複数の異なるウイルスと宿主細胞の組み合わせにおいて、RNA ウイルスに対する宿主細胞の感受性を調節し、抗ウイルス効果を持つ既存薬を同定しました。これらの薬は、今後出現する新たな RNA ウイルス感染症に対しても治療効果を発揮する可能性があり、複数のモデルで慎重に有効性とそのメカニズムを明らかにすることにより、臨床への応用が促進されることを期待しています。

 この研究成果は 2021 年 4 月 7 日午前 0 時(日本時間)欧州科学誌「FEBS Open Bio」でオンライン公開されています。


【掲載論文】
Keiko Imamura , Yasuteru Sakurai , Takako Enami , Ran Shibukawa , Yohei Nishi , Akira Ohta , Tsugumine Shu , Jitsutaro Kawaguchi , Sayaka Okada , Thomas Hoenen , Jiro Yasuda , Haruhisa Inoue

https://febs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/2211-5463.13153